1. 採用情報
  2. 仲間について
  3. 社員インタビュー
  4. 新谷 実優 / 事業推進

社員インタビュー

社員インタビュー 新谷 実優 / 事業推進

新谷 実優 / 事業推進

自己紹介をお願いします。

事業推進室の新谷 実優と申します。
2013年4月に新入社員としてコンビーズに入社しました。

読書や買い物、美味しいご飯を食べに出かけることが好きです。
最近はスキルアップに向けて、パソコンスクールに通っています。

学校では何を専攻されましたか?

総合政策学部という学部で、法律から国際問題まで幅広く勉強していました。
ゼミに所属してからは、キャリア教育をテーマにした研究を行いました。

コンビーズはどんな会社ですか?

上司から業務内容と締め切りを伝えられるので、その締め切りを踏まえ、他の業務との調整を図りながら自分のペースで仕事をしています。

業務指示に対して自分でやるべきことを考え、スケジュールを調整しながら仕事に取り組むことができます。
自分で物事を考え行動していきたい方にとって、最適な職場であると思います。

コンビーズを選んだ理由は?

「やらずに後悔するより、やってみて反省を見つけて次に活かしたい」というタイプです。
いきなり「営業職」「事務職」と道が決められた仕事を選ぶよりは、短い年数でひと通りの業務にチャレンジし、その中で自分のやりたいことを見つけ、その専門性を磨くほうが性に合っていると考えました。

実際にコンビーズに入社をして、1年間で企画営業、総務、人事と幅広く業務に取り組むことができました。

また、コンビーズを選んだ理由は、非常に勉強熱心で、目標を高く持っている先輩社員が多く、この会社であれば自分に甘んじることなく、切磋琢磨しながら自己を磨き、会社にも貢献できると思ったからです。

実家から通える点も魅力でした(笑)

現在、どのような仕事を担当していますか?

コンビーズにはOur Actionという行動指針が定められていますが、「Our Actionの内容が抽象的で解釈が難しい」という声が、社内で多く見受けられました。 そこで、理解を深めて社内でさらなる浸透を図るために、4コマ漫画を作成し、冊子にして社内に配布しました。

現在は、社内コミュニケーションの一環として行われているイズムトークの際に冊子を持参してもらい、漫画を見ながら議論をすることもあります。

コンビーズに入社して成長したところはありますか?

特に総務というバックオフィスを経験してからは「自分にとって」ではなく、「会社にとって」という軸で自分なりに物事を考え、発言・行動できるようになったことです。

学生時代は「自分にとって何を選択することがいいか」という視点で、いろんなことにチャレンジしてきました。

しかしながら、会社という組織に所属している以上、自己の成長だけではなく、会社の利益や共に働く上司や同僚のことも考えながら、会議で発言したり、業務に取り組んだりすることが求められます。

この様な視点を持てるようになったことが、入社してからの一番の成長であると感じます。

今後の目標、やりたいこと

事業推進室では「事業計画を達成していく上での組織体制づくりの支援」を主なミッションとして掲げています。

いまは目の前の仕事に取り組むことで精一杯ですが、今後はミッションを達成するために、自ら社内にある課題を見つけ、改善に向けた提案と実行ができるようにしていきたいです!

1日のスケジュール

9:30 出社
10:00~ 1日の業務確認とメールチェック
10:30~ 採用に関する書類選考と応募者さんとのやり取り
11:00~ 社内メールの確認と対応、入金確認など
12:00~ 面接の準備
13:00~ ランチ(手作り弁当)
14:00~ 面接についての打ち合わせ
15:00~ 打ち合わせの議事録作成
16:00~ 勤怠管理に関する各種フォーマットの作成
18:00~ メールチェック
19:00~ 1日の業務進捗の確認と、明日の業務スケジュールの調整
19:30 退社